へんこつ日誌

Oral_Top_Anchor
トップ
RSS feed

へんこつってなに?


ここから本文

2017年12月14日(木) [長年日記] この日を編集

§1  2~3日空けると催促が(笑)

小倉トースト 食後に少し甘いものを食べるのは理にかなっているそうですが、僕が毎日のように食後のデザートをSNSにアップしているものですから2~3日アップしないと、甘いもの上げて下さいと催促が来ました(笑)

と言うわけで、今日は特別に甘いもの、名古屋では普通に喫茶店で出るようですが、ほんまにアカンやつです。小倉トーストと言えば良いのか、トーストにアンコを載せてホイップをその上に、これがまた美味いのなんの。和洋折衷でこれほど美味いスウィーツがあるだろうか(笑)

久々にアップしたのに反応薄い(笑)


2017年12月13日(水) [長年日記] この日を編集

§1 新城から忘れ物が届きました

先日の新城から名古屋のツアーで忘れ物をしてきました。新城の鳳来館で打ち上げの時にギター演奏する際、プリアンプやエフェクターを置くための折りたたみテーブルを持って行ったのですが、当日は使わず。控え室に置いたまま忘れて帰りました。

被害者の会友だちのアッキーが宅配で送ってくれました。何と荷姿がまるでミニギター、一瞬何かなと思ったけど送り主をみてすぐに納得。折りたたみのテーブルと一緒にちょっとした土産を入れてくれてました。

ご丁寧に、送付状の内容物の覧にギターと書いて二重線で訂正するという小技も使って楽しませてくれました。こちらが手数を掛けているのにお土産まで入れてくれて何とも有り難いことです。また何かお礼をしないとね。

アッキーありがとう。もうあきちんと呼ぶのはひかえるよ<やめないのか?(笑)


2017年12月12日(火) [長年日記] この日を編集

§1 みかんの物々交換(笑)

先日豊川の友だちが静岡は三ヶ日の蜜柑を送ってくれた。凄い量の蜜柑を貰うそうで、お裾分けを頂きました、しかも10kg。かねてから話の出ていた食べ比べのために、こちらからは有田みかんを送ることにしました。流石に10kg送ってもあちらには沢山有るだろうから、みかんと大山崎のレリッシュさんのケーキを送りました。喜んでくれると良いなぁ!


2017年12月11日(月) [長年日記] この日を編集

§1 聴いて心地よいスピードと心地よく弾けるスピード

夕食の後ギターを弾いていたらおみさんがわたなべゆう君のCDに合わせてAirblanketを弾いて見てくれと言ってきた。Airblanketはずいぶん練習してきたのでそこそこ弾けるけど、いざ合わせて弾いて見るとゆう君の引くスピードがいかに速いかが分かる。

聴いているだけではそんなに早く感じないし、むしろ耳に気持ちいい。音の繋がりもなめらかで聴いているだけではそんなに早く弾いているとは思えないのだが、自分が普段いかにゆっくり弾いているかがよく分かる。

今ではゆう君のスピードでも引けるのですが、そこに情緒とか抑揚とかを入れる余裕が無い。聴いていて気持ちの良いスピードでなお自分の思いや伝えたい何かを織り込もうとするともっと時間を掛けて練習する必要があるのかなと思う。

これを短時間でやってのけるプロはやっぱり凄いな!(笑)


2017年12月10日(日) [長年日記] この日を編集

§1 姫路城を見学して帰路に

國宝姫路城(白鷺城) 今日は1日掛けてゆっくり帰ることに、出来れば明るいうちに帰りたいなと言うことですが、せっかく姫路に来ているのに、前回も前々回も素通りしていた姫路城へ寄って帰ることにしました。改修が済んでまだ間がありません。遠くから眺めていてもその美しい姿に惚れ惚れします。

モーターホームで行ってるので大型の留められる駐車場が必要です。日曜日なので覚悟して大手門駐車場へ行ってみました。寒さのせいで観光客が少ないのでしょうか。駐車場はたくさん空いてました。僕の車が入口にくると怪訝な目で管理のおっちゃんが近づいてきました。バスも入っているので入れるのには違いないのですが、注意書きを見ると大型扱いなのですが、どうなるのか見守っていたら。「大型の料金になるけど良いですか?」と言ってきました。やっぱり(笑)

注意書きには高さが2.6m以上で長さが5m以上は大型料金と欠いてありますから問題ないのですが、8ナンバーですから有料道路では普通車です。出来れば同じ扱いにして欲しいですね。と言うわけで1日2500円で駐めさせてもらうことにしました。おっちゃんは一番奥の端っこに駐めろと言ってたけど、一番手前のマイクロバスのスペースに駐めました。(笑)

始めてはいる姫路城、以前に愛媛の松山城へ行ったときはボランティアガイドさんが申し込んでおけば無料で案内してくれていたと思うのですが、こちらではガイドさんは有料でした。重要文化財と國宝の差かなぁ?

天守閣にあがるのに靴を脱いでスリッパであがります。中の階段はかなりの急勾配で、そこそこの歳になったら行けなくなるかも知れないので言っておいて良かったなと。下りはいっそうきついので、日差に自信の無い方は降りることも考えないと痛い目に遭います(笑)

大柱、太い! 姫路城を支えている大柱、西大柱と東大柱。一度取り替えているんですね。取り替えた柱を展示しているところもありました。昔は栂材とか使ってたみたいですが、新しい柱は桧木になっているようです。それにしても地下から5階までの通し柱、流石に一本モノとは行かず、途中で継ぎ足しているようでした。それにしても凄い。400年も前にあんなモノを立てる技術があったことに驚愕です。

そんな中でも一番驚いたのは、國宝の建物に何の躊躇も無く入っていけることですね。開放的な國宝です。出入り禁止にして温存するというのも一つのあり方ですが、国民に広く開放された國宝も良いですね。

穴子丼、味濃すぎ! 見学を終えたらちょうどお昼、帰りのサービスエリアでと思っていたのですが、立ち寄った「ろの屋敷」(渡櫓の名前にちなんでいるんですね。)でお茶でもしようと入ったら、穴子丼があったので急遽食事を済ませることに。期待していたのですが、お店の名前が「高田の馬場」関東風の味付けなのでしょうか。味が濃すぎて穴子の味が分かりませんでした。店を出たところに売っていた穴子弁当の方が美味しそうでした(笑)

画像の説明 牡蠣の佃煮と八重垣の新酒を買って帰りました。

帰りは播但道から山陽道、中国道をへて名神の山崎へ、途中西宮名塩サービスエリアで休憩したのですが、休憩している間に道が混んできました。渋滞と言うほどでも無くのろのろ運転程度でしたが、宝塚トンネルはスイスイでした。無事明るいうちに帰れました。岡先生、ゆう君、ゆう君を送ってくれた北口君、ギター友だちの皆さん、ありがとうございました。またどこかでお会いしましょう。

お城まんじゅう買ったら良かった(^^;


2017年12月09日(土)障害者の日 [長年日記] この日を編集

§1 わたなべゆうLive@岡こどもクリニック

新しいカポで演奏するわたなべゆう君 姫路の岡子どもクリニックで院内コンサートがあるので行ってきました。わたなべゆう君のライブです。もちろん往きは我が家の車に同乗ですので、少し早い目に出て三木サービスエリアで昼ご飯を食べていきました。

三木サービスエリアでは地元兵庫の三木を中心とした産地の食材を使った丼を頂きました。これがなかなか美味しかった。最近のサービスエリアは食べ物が充実してますね。

窓の外をふと見たら、明日ゆう君がいく神河町のマスコット、カーミンが歩いてました。手を振るとポーズをとってくれました。往きも復りも!良いやつです。(笑)

ゆっくり食事をして残りの道程は車で40分足らずです。2時半の到着を予定していたのですが、何処も混むこと無くスイスイ走れましたので30分早く2時に到着しました。

ゆう君はすぐにセッティングとリハーサル。僕たちはセッティングのお手伝いをした後、自分のギターを出してギター友だちらとギター談義。今回は岡先生にも持って来てくれと言われていた新しいSHUBBのカポを持って来ていたので、あれこれ引き比べて楽しんでました。

するとリハーサル中のゆう君も気になったのか、カポを使わせてほしいと言うので使ってみて貰いました。以前のカポとの違いを確認しながら使って居たゆう君「このカポ良いかも」と言い出しました。「気に入ったら使って良いよ。もう一つ注文してるから。このまま譲りますよ。」と言う事で今夜のライブから使うことになりました。

彼の音に対する直感は彼の持ち味にもつながっているので、そこは大事にしたいし。今有るカポを使いたいのなら期を逃さず使って貰おうと思って持って来ていたので、こちらとしてはまんまとと言う感じではありました。出も彼の耳が選んだカポ、彼の音に貢献してくれることを願ってます。

そんなことがあってのライブの始まり。気のせいか良い音してました。新曲も交えて全14曲だったかな。新曲の「涙の後(跡)」がゆう君らしくて良かったなぁ。アンコールで弾いてくれたAirblanketはファンが多い。一様に良い曲だと言っている人が多かったです。この時期にぴったりのマクのクリスマスに収録されているので買って行ったお客さんも多かったような気がします。

「らくだ」の料理はどれも美味しい ライブがはねたら打ち上げです。岡先生との打ち上げは毎回楽しみ。今回は予約を入れて無かったそうで、急遽しつらえて下さったのですが、初めて行ったときの「らくだ」と言うお店。海鮮が美味しいのです。お造りの盛り合わせは寒くなってきた今頃ならではの贅沢な盛り合わせでした。特にノドグロは絶品でしたね。

ゆう君は一次会でおしまい。神河町に送って貰いました。北口君には無理を言ってスミマセン。何かお礼をしなければと思っていたのですが、一次会の会費を払わずに言ってしまったので、それでチャラかな。ご苦労様です。明日は悦ちゃんを姫路まで送ってくるのだと自慢げに話してくれてました(笑)

このワイン美味しかった 僕たちと岡先生だけになって2次会へ。先生行きつけのワインバーで美味しいワインを飲ませて頂きました。20年モノのワイン、少し琥珀色になりかけているのにタンニンが少なくて飲みやすい一本でした。美味しいワインをよくご存じで毎回目から鱗です。姫路の夜を連れ回して頂いてありがとうございました。また次回楽しみにしております。

医院までタクシーで帰ってお別れ、先生はご自宅へ。僕たちは駐車場を借りてお泊まりです。

お疲れ様でした。おみさんも今夜はほどほどに酔われていたみたいです。楽しかった(笑)


2017年12月08日(金) [長年日記] この日を編集

§1 三ヶ日みかんを送って頂きました

三ヶ日みかんを頂きました 先日愛知県の新城に行ったとき、お友だちに美味しい蜜柑の話をしていたら。あちらでは三ヶ日の蜜柑が有名らしく、もうじき送ってくるからお裾分けするよと言ってくれていたのですが、先日写真を送ってきて、本日モノが届きました。無選別だと言うことでM寸からS寸まで混ざってます。

早速いただきましたが、いやぁなかなか美味しいです。もちろんそれぞれの土地で蜜柑の栽培に適した場所が有って、農家の人たちが手塩に掛けて育てておられる訳ですからね。

蜜柑は大きいほど値段が高くなるけど味は大味、小さい蜜柑は安くて美味しいという法則が有るようですが。まさにそんな感じでした。たぶん貰った蜜柑の中から選りすぐりを送ってくれたのだと思います。お返しに何時も我が家で買っている有田の蜜柑を少しだけ送ることにしました。食べ比べも楽しいですよね。

温州蜜柑はそもそも鹿児島で突然変異で出来た品種だそうで。それが徐々に北へ東へ移ってきたと言う事でしょうね。そんな中でも蜜柑の栽培に適した土地に定着していったのでしょう。有田みかんと三ヶ日みかん、和歌山と静岡のナンバーワンブランド同士の食べ比べ楽しみです。